宇多田ヒカル出産報告に「新曲のプロモーション?」 アッコの「毒舌」、ファンから顰蹙かう

印刷

   芸能界のご意見番、和田アキ子さん(65)が歌手の宇多田ヒカルさん(32)に持ち前の毒舌をふるった。

   自身の冠番組「アッコにおまかせ!」(TBS系)で宇多田さんの出産発表に触れ、「新曲のプロモーションでは?」と勘繰ったのだ。

  • アッコさん、宇多田ヒカルさんの電撃出産発表に「?」
    アッコさん、宇多田ヒカルさんの電撃出産発表に「?」

「妊娠したことも言わなかったのに、どうして産んでから...」

   宇多田さんは2015年7月3日、第1子となる男児を出産したことを自身の公式サイトで発表した。妊娠についてはこれまで公表していなかったため、14年2月の再婚時に続く電撃発表となった。

   また、妊娠中に新アルバムを制作していたことも明かし、2010年末以来休止している音楽活動を近く再開させることもうかがわせた。

   出産と新アルバムというダブルサプライズにファンは大いに沸いたが、「毒舌ご意見番」の和田アキ子さんはいまいち納得がいかないようだ。7月5日放送の「アッコにおまかせ!」でこの話題を取り上げると、和田さんはいの一番に

「でもあれだよね、妊娠したことも言わなかったのに、どうして産んでから...」

と疑問視し、

「やっぱり新曲のあれかね?プロモーション?」

と、突然の発表には新アルバムのプロモーション要素があったのではないかと睨んだ。

   これにスタジオからは妙な笑いが起き、アナウンサーも「分からないですけどね、それは...」と言葉を濁した。それでも和田さんはどこ吹く風で、「別に知らなかったんだから、別に」と続けた。

   しかし、見かねた出川哲朗さん(51)から「アッコさんちょっとだけ静かにして」とストップをかけられると、さすがに和田さんも突っ込みすぎたと感じたのか、「はい」と申し訳なさそうに2度お辞儀。出演者陣からは笑いが起きた。

   宇多田さんにプロモーションの狙いがあったかどうかは分からないものの、インターネット上では、和田さんの「推測」はあまり賛同を得られていないようだ。

「体調のこと考えたのでは」「静かに産みたかったんだろう」

   宇多田さんは2002年に良性の卵巣腫瘍摘出手術を受けていることもあり、ファンからは、

「彼女の体調もあるから公表しなかったのかもしれないのに」
「何があるかわからないから無事に産まれてから報告ってことじゃないの?」

といった指摘が相次ぎ上がっている。

   「静かに産みたかったのだろう」という声も多い。思えば宇多田さんは、02年に映像作家の紀里谷和明さん(47)と結婚した際も、07年に離婚した際も、10年に「人間活動」に専念するとして無期限活動休止を発表した際も、14年にイタリア人男性と再婚した際も「電撃発表」だった。

   出産に限らず、私生活についてはなるべく周囲に騒がれたくないという思いが強いのかもしれない。

   そもそも出産発表との「合わせ技」で新アルバムをプロモーションしなければならないほど追いつめられているわけではないという見方も強く、インターネット上では和田さんの意見は「邪推」と受け取られ、ひんしゅくを買ってしまっている。

   ちなみに、和田さんが同番組上で宇多田さんに絡んだのは今回が初めてではない。

   2010年11月、宇多田さんが自身の意にそぐわないベスト盤CDが発売されるとしてツイッターでファンに予約しないよう呼びかけると、和田さんがこれに反論。

「申し訳ないけど、同じアーティスト、シンガーとして、あなたが言うことじゃないでしょって。あなたの作品なんだから」「買う必要ないなんていう言葉をいうのがおかしい」

などと批判した。この時も和田さんは「私は(ツイートを)読んだ時から、おっ、宣伝かと思った」と語っていた。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中