新国立競技場、竣工から解体まで1兆円超える試算 専門家「後世の国民を苦しめる」と警鐘

印刷

   2020年東京五輪・パラリンピックのメイン会場「新国立競技場」について、竣工から解体までにかかる費用を専門家が試算したところ、1兆円を超えた。2015年7月10日付けスポーツ報知電子版が報じた。数字は建築エコノミストの森山高至氏が算出、スポーツ報知に明かした。建設費、維持管理費、光熱費、修繕費、解体処分費などを含めたもので、建設費の4~5倍になるという。

   森山氏の試算によると、新国立の整備費が2520億円であれば建設から解体まで1兆80億~1兆2600億円かかる。さらに、五輪後に設置するとされる開閉式屋根の費用約300億円や資材施工費の高騰分を合わせると「天文学的な数字」となり、森山氏は「後世の国民を苦しめることになるだろう」と警鐘を鳴らしているという。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中