石原慎太郎氏、安藤忠雄氏を擁護 新国立工費高騰問題で

印刷

   総工費が2520億円に膨れあがった新国立競技場の建設問題に多くの批判が集まる中、元東京都知事の石原慎太郎氏(82)が2015年7月12日、「新報道2001」(フジテレビ系)に出演し、競技場のデザイン審査委員長を務めた安藤忠雄氏(73)を擁護した。

   現行デザインは、安藤氏が審査委員長を務めた審査委員会が選出した英国建築家ザハ・ハディド氏の案をもとにしており、これが総工費高騰の一因とされている。これについて石原氏は、

「メーンスタジアムはいいものじゃないとまずいだろうと、ああいう奇矯なデザインになった。選んだのは、世界的な天才的な建築家である安藤さんで、彼が見て『これ面白いんじゃないか』と決めたと思う」

と決定の背景を話した。ただ費用面については、

「いくらかかるかは、デザインを請け負ったゼネコンが決めること。安藤さんは大まかなことは分かるだろうけど、いくらかかるかは分からなかったと思う」

とし、「彼の責任ではない」と安藤さんを擁護した。

   また、都の工費一部負担については、新税導入を提唱。東京都の昼間人口は450万人であると指摘し、「都民以外の通勤者らに1人あたり1000円を税金で払わせればいい。そうすれば年間600億円が入る。五輪が終わるまでの時限立法で作るべき」だと訴えた。

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中