ミクシィ、最高益159億円 4~6月期 モンスト絶好調!

印刷

   ミクシィの2015年4~6月期連結決算は、純利益が前年同期の5.5倍となる159億円で、4~6月期として最高益となった。8月13日に発表した。スマートフォン向けの人気ゲーム「モンスターストライク」(モンスト)の利用者が増えて、売り上げが伸びた。売上高は3.9倍の500億円、営業利益は5.2倍の243億円だった。

   「モンスト」を運営するエンターテインメント事業の売上高が4.7倍、セグメント利益が5.4倍になり、全体をけん引した。

   モンストは画面上でモンスターを引っ張り、はじき飛ばす簡単な操作が受け、14年6月に900万人だった世界の累計利用者数が3000万人を突破した。ゲームを有利に進めるのに必要なアイテムを購入するユーザーが増えて採算が改善した。モンストを頻繁にプレーする、アクティブユーザーも順調に伸びているという。

   ミクシィの森田仁基社長は記者会見で、「(モンストの)ピークについては、まだ我々も見えていない」と話した。

   なお、16年3月期(通期)の業績予想は据え置いた。売上高は前期比64%増の1850億円、営業利益は52%増の800億円、純利益は58%増の520億円を見込んでいる。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中