「残念な部分少なくない」 朴槿恵大統領が安倍談話を批判

印刷

   韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領は2015年8月15日、日本による植民地支配解放70周年記念式典で演説し、8月14日に日本政府が閣議決定した「安倍談話」について「残念な部分が少なくない」などと批判した。「お詫び」「反省」といったキーワードが、過去の談話を参照する形での間接的な言及にとどまったことを念頭に置いているとみられる。ただ、安倍談話の「歴代内閣の立場は、今後も、揺るぎない」という表現については、「国際社会に明確にしたという点に注目する」と述べた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中