東芝、社外取締役7人を発表 9月に新体制

印刷

   東芝は、2015年9月に発足する新体制で、社外取締役を現在の4人から7人に増やす。8月18日に発表した。4人の社内取締役との合計11人で構成し、取締役の過半数を社外から起用する体制にする。室町正志会長兼社長は、社長職を続投する。新体制を早急に立ち上げ、不適切会計の再発防止と信頼回復に全力をあげる。

   社外取締役には、三菱ケミカルホールディングス会長の小林喜光氏、アサヒグループホールディングス相談役の池田弘一氏、資生堂相談役の前田新造氏、元最高裁判事の古田佑紀弁護士、公認会計士の野田晃子氏と佐藤良二氏を起用する。現在4人いる社外取締役のうち伊丹敬之氏(東京理科大教授)は留任。島内憲、谷野作太郎、斎藤聖美の3氏は退任する。

   また、経営をチェックする監査委員会、指名委員会、報酬委員会ではそれぞれ4~5人置く委員の全員を社外にする方針だ。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中