「子どもたちに謝罪を続ける宿命を背負わせてはならない」 「安倍談話」で最も世の「共感」集めたのはここだった

印刷

   安倍晋三首相が発表した戦後70年談話に盛り込まれた、「戦争には何らかかわりのない子どもたちに、謝罪を続ける宿命を背負わせてはならない」という主張に、共感した人が多いようだ。

   朝日新聞の世論調査では6割以上が「共感する」と回答し、談話そのものを「評価する」という人よりも多かった。各紙の調査でも同様に支持を集めている。

  • 安倍談話で最も「共感」集めたのは・・・
    安倍談話で最も「共感」集めたのは・・・

「共感する」63%、「しない」21%を大きく上回る 

   安倍首相は2015年8月14日に発表した戦後70年談話で、争点となっていた「おわび」について、過去の談話を引用する形で言及。その上で、戦後生まれが人口の8割を超えていることに触れ、

「あの戦争には何らかかわりのない、私たちの子や孫、その先の世代の子どもたちに、謝罪を続ける宿命を背負わせてはならない」

と述べた。

   朝日新聞が8月22、23日に行った世論調査によると、安倍首相のこの主張に「共感する」としたのは63%で、「共感しない」(21%)を大きく上回った。

   談話自体を「評価する」としたのが40%にとどまったことを考えると(「評価しない」は31%)、この主張はとりわけ多くの共感を得ていたことが分かる。実際に談話を「評価しない」と答えた人の中でも46%が「共感する」と回答していたという。

   同様の評価は他紙の世論調査でも表れている。産経新聞とFNNの合同調査ではこのくだりを「評価する」(66.1%)が、「評価しない」(27.7%)を上回った。共同通信でも似たような結果が出ている。

共感の背景には「謝罪疲れ」があるのでは

   こうした結果が出たことは、中国や韓国などへのいわゆる「謝罪疲れ」が背景にあるのかもしれない。

   読売新聞の世論調査では、安倍首相の主張にからめて「今後も日本は、謝罪を続ける方がよいと思いますか、そうは思いませんか」と質問を設定。その結果、「謝罪を続ける方がよい」(27%)よりも「そうは思わない」(63%)が多かった。

   一方で中韓からの反応は厳しい。中国の国営通信社である新華社は談話を伝える記事で「安倍首相は談話の中で、日本は今後謝罪する必要がないとした」など否定的に取り上げた。また韓国の中央日報は、安倍首相の主張を「保守的な色彩」と非難する元外交官のコメントを掲載した。

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中