橋下徹氏、引退後の国政進出を示唆? 「私人の出馬なら公約ではない」

印刷

   政界引退を表明した橋下徹大阪市長が2015年9月8日、私人になってから出馬するかどうかは公約ではないとツイートし、国政進出を考えているのではと憶測が広がっている。

   この日のツイートでは、「私人のときの出馬するかしないかや、政治家が引退した後の人生について、こんなこといちいち国民に約束する話ではないし公約でもない」とつぶやいた。維新の党を離党した橋下氏は、大阪維新の会を国政政党にする方向を打ち出し、国会議員に出馬するのではとのうわさが出ていた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中