佐野研二郎氏のグラフィック採用を撤回 米フランク・ゲーリー展

印刷

   アメリカの建築家フランク・ゲーリー氏の展覧会が五輪エンブレムを取り下げた佐野研二郎氏(43)のメイングラフィック採用を撤回したと、共同通信が2015年9月10日に報じた。

   それによると、展覧会は10月16日から翌16年2月7日まで東京・六本木で開かれる予定で、佐野氏は、展覧会のチラシやチケットに使われるグラフィックのデザインを手掛けていた。理由については、主催者の都合だとしているという。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中