別府殺人事件、男はDVで5度の逮捕歴 元妻への接近、なぜ防止できなかったのか

印刷

   大分県別府市の殺人事件で、住居侵入の疑いで逮捕された男(31)は、離婚後も度々、元妻(34)の自宅マンションに出没していた。それまでにDV防止法違反容疑などで5度も逮捕されていたのに、なぜ接近できたのだろうか。

   マンションの防犯カメラには、逮捕された男が敷地内を行ったり来たりしてうろつく様子が映されていた。

  • それでも部屋に入れてしまう?
    それでも部屋に入れてしまう?

元妻の勤務先からの通報で、警察は警告したが...

   このマンションの部屋で2015年9月28日、大分市から来ていた渡辺京子さん(60)が遺体で発見されており、男の目撃はその前日のことだった。

   報道によると、事件が発覚したのは、この部屋に住んでいる渡辺さんの次女の元妻が28日、「母親と連絡が取れない」と別府署に相談したことからだった。署員が部屋を訪れると、渡辺さんが居間の壁に寄り掛かった状態で倒れていた。渡辺さんの体には毛布などが掛けられており、首には絞められた痕があった。

   その後の調べで、元夫の男が前日に合カギを使って部屋に無断で侵入していた疑いが強まり、県警が指名手配した。そして、30日になって、男が出身地の宇都宮市内の路上を歩いているところを警察官が見つけて逮捕した。県警では、男が渡辺さんの殺害についても何らかの事情を知っているとみて調べている。

   この事件では、元妻は、2年ほど前から男によるDV被害を受けていると大分県警に複数回も相談していた。

   県警も男をマークしており、15年1月にはDV防止法違反の疑い、4月には住居侵入と器物損壊の疑いで男を逮捕した。結果として、5月までの半年間で男を5回も逮捕している。

   元妻が6月に男と離婚した後も、男の接近行為は続いた。渡辺さんも、娘のことが心配になり、様子を見に度々部屋に来ていた。9月19日には、元妻の勤務先から「不審な男がいる」と県警に通報があり、県警が男に警告していた。

身柄を勾留して裁判に持っていくところまでなぜできなかったのか

   元夫の男は、離婚後もなぜ元妻への接近を繰り返すことができたのだろうか。

   日本テレビ系の情報番組「スッキリ!!」が10月1日、この事件を取り上げてリポートしている。

   それによると、元妻は離婚後、福岡市に引っ越すことを決め、大分県警にも、もう大丈夫だと伝えていた。そこで、県警も元妻と連絡を取る対応を終了させていたという。引っ越し後の部屋は、渡辺さんが住むことになっていた。

   ところが、9月になって、元妻は、この部屋に戻ってきて、男を部屋に入れるようにもなった。住民も、元妻と男が一緒にいるところを頻繁に目撃している。時には、ケンカすることもあったというが、男は合カギを使って入ってきていたようだ。

   番組には、メンタルヘルスにも詳しい内科医のおおたわ史絵さんが出演し、元妻がなぜ男を部屋に入れてしまったのかについての見方を示した。DVには、暴力期と優しくなるハネムーン期があり、女性は今度こそ信じてみようと受け入れてしまうというのだ。その結果、DVがエスカレートして殺人にもつながるとおおたわさんはみていた。

   一方、DV被害に詳しい望月晶子弁護士は、番組への出演で、5回の逮捕は、器物損壊など軽微な容疑だったとはいえ、身柄を勾留して裁判に持っていくところまでなぜできなかったのかと警察の対応にも疑問を投げかけていた。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中