「マイナンバー」制度 5日から通知カードの発送はじまる

印刷

   日本に住む国民の一人ひとりに12ケタの番号を割り振る「税と社会保障の共通番号(マイナンバー)制度」の導入にあたり、その通知カードの発送が2015年10月5日からはじまった。通知カードは、5日時点で住民票のある住所に簡易書留で送られ、10月中旬から11月にかけて届くことになっている。

   通知カードは紙製で、その名のとおり本人に番号を通知するためのもの。受け取った通知カードに必要事項を記入し、写真を添付したうえで郵送すると、希望者には2016年1月以降、顔写真やICチップのついたプラスチック製の「マイナンバーカード」が無料で交付される。

   マイナンバーカードは偽造防止のため透かし技術を用いてあり、表面にはマイナンバーのほか氏名と住所、生年月日、性別が書いてある。

   交付されたマイナンバーは原則として、同じ番号を一生使い続けることになっていて、16年1月からは、源泉徴収票や住民票の取得といった行政手続きで番号の使用がはじまる。国や自治体、健康保険組合などがマイナンバーを使って社会保障と税、災害対策の3分野に限って個人情報の管理をする。

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中