マクドナルド「昼マック」廃止へ 利用客から「完全に迷走」「行くのやめる」と酷評が

印刷

   マクドナルドが平日昼に実施していたバリューセットの割引、いわゆる「昼マック」の廃止が話題になっている。正式決定まではいっていないようだが、多くの利用客から「完全に迷走している」「マクドナルド行くのやめる」と大ブーイングが飛んでいる。

   「昼マック」はサラリーマンや学生など、手ごろな価格でランチを食べたい層に支持されていた。

  • 「昼マック」廃止、正式決定も間近か(2015年1月撮影)
    「昼マック」廃止、正式決定も間近か(2015年1月撮影)

「昼マック」廃止ならセットメニューの多くは600円以上に

   「昼マック」は2014年10月8日に開始。平日10時から14時半までのランチタイムに限り、各種ハンバーガーと「マックフライポテト」「ドリンク」(いずれも M サイズ)のセット(バリューセット)を割引販売する制度だ。

   選ぶハンバーガーの種類によって価格が分かれ、チーズバーガーやチキンクリスプは350円、チキンフィレオやフィレオフィッシュなどは450円、ビッグマックやクォーターパウンダー・チーズなどは550円(いずれも税込)だ。

   通常、バリューセットは300円から400円ほどの各種ハンバーガー単品に300円をプラスして販売されるため、価格面ではかなり「お得」と言えるだろう。実際、チキンフィレオのバリューセットは通常620円のところ、「昼マック」で注文すると450円になる。

   平日の同時間帯にバリューセットを500円で提供する「500円バリューセット」、各種セットメニューを割引販売する「マックランチ」の後継として導入され、ランチ需要を拾い上げてきた「昼マック」。

   しかしこれが、「廃止」されるようなのだ。第一報を伝えた15年10月8日付け日本経済新聞電子版によると、主な理由は外国産牛肉をはじめとする原材料費や人件費の上昇。事実だとすれば実質的な値上がりとなり、バリューセットの多くは600円近くかそれ以上になってしまう。

もはやモスやサブウェイの方が「お得」という声も

   「廃止」は事実なのか。日本マクドナルド(東京都新宿区)はJ-CASTニュースの取材に対し、一部店舗で「昼マック」を試験的に休止していると明らかにしたものの、「廃止」については「未だ発表されたものではない」と答えた。正式決定も間近なようだ。

   一方、「昼マック」廃止報道は利用者に大きな衝撃を与えたようだ。ツイッターでは、

「マクドナルド行くのやめるわ」
「完全に迷走してるとしか思えない」
「もう何が長所なの」

と厳しい声が上がる。中には、モスバーガーやサブウェイなど同業他社の提供するセットメニューの方が「お得」といった指摘も出ている。

   「昼マック」は、サラリーマンや学生などランチ代を節約したいと考える層に、その「お得」感で支持されていた。日本マクドナルドが「昼マック」開始を発表した14年9月30日のニュースリリースでも「サラリーマンの平均的なランチ予算は約550円弱(当時)と言われており、毎日をがんばる社会人の皆様や、学生の皆様にお手ごろな価格で大きな満足をご提供いたします」とアピールされていた。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中