亀田興毅、引退するなら何するの? 「K-1」「タレント」「居酒屋」ネットで予想続々

印刷

   プロボクシングの元世界3階級制覇王者、亀田興毅選手(28)が現役引退を表明した。

   公式ブログにはファンらからのねぎらいのコメントが続々と寄せられている。中には引退後の活動について触れるコメントも少なくない。

  • 河野公平選手(左)と亀田興毅選手(右)(写真:AP/アフロ)
    河野公平選手(左)と亀田興毅選手(右)(写真:AP/アフロ)

8月には「まだまだ現役出来そう」とつづっていたが...

   米シカゴで行われた世界ボクシング協会(WBA)スーパーフライ級タイトルマッチを前に、亀田選手は2015年10月17日6時すぎ、「決戦当日!」と題したエントリーを公開。「いよいよ今日は試合当日!コンディションは完璧 後はリングの上で全てがわかる!」と気合十分につづっていた。

   日本初の4階級制覇を狙った王者の河野公平選手(34)との一戦だったが、結果は0-3での判定負け。複数報道によると、亀田選手は試合後に報道陣の取材に応じ、「この試合で最後と決めていた。きれいさっぱりやめます」などと語ったという。

   亀田選手は今年8月、河野選手との試合について「負けたら引退」と報じられたことに対し、ブログで「って負けへんし、デビューの時から負けたら引退と思って戦ってきた」と反論していた。さらに水素療法を受けていることに触れ、「もうすぐ29歳になるのに、衰えどころか全ての数値が伸びてる」「まだまだ現役出来そう」と万全の調子であることをアピールしていた。

   だが今回の試合後、亀田選手は8月に報じられたとおりの決断を下したという。17日のブログには、ファンらから「長い間お疲れ様でした」「たくさんの感動ありがとうございます!!」「ゆっくり休んでくださいね!」といったコメントが相次ぎ寄せられている。

ファンからは「復活」待望論も

   とすると、今後の活動は、どうなるのか。

   スポーツ報知(電子版)によれば、亀田選手は試合後に「他の道に進みます」とも語っていたという。ブログでも「次は、違ったチャンプになってください」「違う方面での活躍を期待してます」などとコメントが寄せられた。

   中には「1度気持ちをリセットして考え直してほしいです」「もっと強くなって復活してください!」とボクサー続行を望む声や、「K-1で世界チャンピオンを目指してください」「K-1に行ってください!とK-1での活躍に期待する声もある。

   なお、ネット上では「他の道」について「TVタレントになるつもり?」「地元に戻って居酒屋でもやるのが一番良いだろう」「地元で細々と自営業が一番良いと思う」「「ビジネスじゃないかな。結構儲けると思う」 などと、さまざまな予想が立てられている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中