「自家用車タクシー」特区で解禁に 安倍首相が規制緩和指示

印刷

   過疎地などで観光客への交通手段として、一般のドライバーが自家用車を使い、お金をもらって送迎する「ライドシェア(相乗り)」サービスを、地域限定で解禁する見通しとなった。安倍晋三首相が2015年10月20日の国家戦略特区諮問会議で、規制緩和を検討するよう指示した。対象となる地域は規制を緩めることが認められる国家戦略特区で、バスやタクシーといった公共交通が少ないなど、一定の条件を満たした地域に認め、高齢者の買い物や通院、外国人観光客の足として役立てる。

   「ライドシェア」サービスは、現行法では「白タク(営業許可を受けず、自家用車を使ってタクシー営業している車両)」行為として禁止している。

   秋田県仙北市や兵庫県養父市などが規制緩和を求めていた。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中