常陽銀行と足利HDが経営統合へ 資産15兆円、地銀3位に

印刷

   茨城県を地盤とする地方銀行の常陽銀行と、栃木県の足利銀行を傘下にもつ足利ホールディングス(HD)が経営統合に向けて交渉を進めていることが2015年10月26日にわかった。11月上旬に大筋合意する見通しで、2016年秋の共同持ち株会社の設立を目指す。

   常陽銀行は国内トップ10に入る有力地銀。「経営統合を含め、さまざまな可能性について協議している」とコメントしている。足利銀行も「経営統合の可能性について検討している」とのコメントを発表した。

   足利銀行はバブル期の過剰融資によって2003年に経営が破たん、一時国有化された。その後、野村証券系の投資会社が筆頭株主となって再建を進め、持ち株会社の足利HDが13年12月に東京証券取引所第1部に再上場した。

   資産規模の合計は約15兆円にのぼり、経営統合が実現すれば、2016年4月に統合予定の横浜銀行と東日本銀行のグループ「コンコルディア・フィナンシャルグループ(FG)」、福岡銀行を中核とする「ふくおかFG」に次ぐ、地銀第3位の規模に浮上する。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中