全裸で手を後ろ手に縛って首吊り自殺... 小4男児がそんなことできるのか

印刷

   東京都日野市内の林で近くに住む小学4年の男子児童(10)が全裸で手足を縛られ首を吊った状態で見つかったが、自殺の可能性があると報じられている。しかし、ネット上では、そんなことがあるのかと疑問がくすぶっている。

   男児の遺体が見つかった当初は、事件と自殺の両面で捜査していると報じられた。

  • 小学生がこんな自殺をするのか(写真は記事と関係ありません)
    小学生がこんな自殺をするのか(写真は記事と関係ありません)

準備してから、崖から飛び降りるなどした??

   事件性が疑われたのは、遺体の状況があまりにも不自然だったからだ。

   各紙によると、2015年10月26日は小学校が休みで、男児は11時ごろ、「遊びに行ってくる」と言って自宅を出た。しかし、夕方になっても帰ってこないため、母親が18時半ごろに110番通報した。

   警視庁日野署員が遊び場所などを探していると、20時ごろになって林の中で男児の遺体を見つけた。ビニールひもを木の幹にくくりつけ、幹から1.5メートルのところで首を吊っていた。手足を縛ったのも同じビニールひもで、両手は後ろ手に縛られていた。

   男児が身に着けていた衣類や靴は、遺体近くで見つかった。遺書などは見つかっていないという。行政解剖の結果、死因は首の圧迫による窒息死であることが分かった。母親は、男児について、「変わった様子はなかった」と話したそうだ。

   自殺説が出てきたのは、現場の状況からだという。

   争った形跡はなく、男児に外傷もなかった。脱がされた形跡もないという。また、手足は緩く縛られており、自分でもできる結び方だった。さらに、発見場所はちょうど崖の急斜面になっており、遺体は仰向けに横たわっていた。つまり、すべて準備してから、崖から飛び降りるなどした可能性があるということらしい。

ネットで「イジメだったりしないのか」の声も

   とはいえ、自殺というには、あまりにも不思議なところが多い。

   ネット上では、「自殺なら何故全裸なんだ?」「10歳の子供が考えることなのか???」「後ろ手に縛るのはかなり難しいことでは?」といった疑問が次々に出た。

   また、事件のほか事故で亡くなった可能性もあるとして、「イジメだったりしないのだろうか」「親納得しないだろう、これ・・・」との声が上がり、警察に対して徹底した捜査を求める向きが多い。

   一方、もし自殺であったなら、気を引くために他殺に見せかけたのではないかといった、うがった見方まで出るなど、様々な憶測が出ている状態だ。

   日野市教委の学校課では、取材に対し、学校でいじめなどはなかったかについて、「日野署とともに調査しており、学校での様子などはまだはっきりしていません」と言う。男児に自殺につながるような変わった様子があったのかも分からないとした。遺書があったとは聞いていないという。男児の自宅周辺で不審者が目撃されたかについても、「遺体が見つかった日も含めて、そのような情報はありませんでした」と言っている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中