ノンアルコールビール特許訴訟、サントリーの請求を棄却 東京地裁

印刷

   ノンアルコールビールの成分値の特許を有するサントリーホールディングスが、アサヒビールの「ドライゼロ」の製造・販売の差し止めを求めた訴訟で、東京地方裁判所は2015年10月29日、サントリーの請求を退ける判決を言い渡した。

   サントリーは「糖質やエキス分などを一定の範囲にしたノンアルコールビール」の特許権を2013年10月に取得。アサヒビールの「ドライゼロ」がこの特許を侵害していると主張していた。長谷川浩二裁判長は「サントリーの特許は容易に発明でき、無効」と指摘した。

   サントリーは敗訴の判決を受けて、知的財産高裁に控訴すると発表。「当社の知的財産である特許権を侵害され続けることは到底看過できない」とコメントした。

   なお、2014年のノンアルコールビール販売量は、サントリーの「オールフリー」が720万ケース(1ケースは大瓶20本換算)と、約44%のシェアを占めて首位。アサヒの「ドライゼロ」は630万ケースで2位だった。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中