プロ野球ソフトバンク連覇は「福岡」黄金時代の再来 西鉄時代の三原監督にダブって見える王会長

印刷

   今年のプロ野球日本シリーズはソフトバンクが圧倒的な強さで2連覇を果たした。「福岡」黄金時代の到来で、実におよそ60年ぶりの夢再びとなった。

   日本シリーズ第5戦は2015年10月29日、神宮球場で行われ、ソフトバンクが5-0でヤクルトに勝ち、2年連続日本一に輝いた。

  • プロ球界に約60年ぶりの「福岡黄金時代」がやってきた
    プロ球界に約60年ぶりの「福岡黄金時代」がやってきた

新人監督で連覇は初めて

「選手たちは、絶対に負けたくない、という強い気持ちで一戦一戦を大事に戦ってくれた。感無量だ」

   工藤公康監督の試合後の話である。

   新人監督の日本一は過去にもあるが、ディフェンディング・チャンピオンとしての制覇は初めてのことだった。前年日本一だけにプレッシャーは大変大きかっただろうと思う。

   しかし、ふたを開けてみれば、戦前の予想通りの勝利。打力を看板に臨んだヤクルトがかすんでしまった攻撃力に加え、登板する投手の多くが150キロ前後を投げる守りと、力の差を見せつけた。

「昨年よりレギュラー取りの競争は厳しかった。自分の力を発揮しなければならない中で選手たちはよくやったと思う」

   こう総括したのは王貞治球団会長。黄金時代の到来、とだれもが認めるチームを作りあげた充実感があった。

   ホークス本拠地の福岡といえば、1956~58年に球界を席巻した西鉄ライオンズの黄金時代を思い出す。地元のオールドファンも感慨に浸っているに違いない。

「黒い霧」事件では福岡からプロ球団が消えた

   当時の西鉄は強かった。エースは「神様仏様」と言われた稲尾和久。打線には「天才」大下弘、「怪童」中西太、「勝負師」豊田泰光、「斬り込み隊長」高倉照幸ら強打者、曲者がずらり。日本シリーズで巨人を3年続けて下し、とくに58年の日本シリーズは、3連敗のあと4連勝という劇的な勝利を収めた。

   そのチームを率いた三原脩監督と王がダブって見えるのだ。

   三原も王も巨人出身である。三原は巨人を戦後初優勝に導きながら監督の座を追われ福岡へ。王はV9の功労者ながら監督時代の最後は残り試合があるなかで解任。浪人の後、福岡のダイエーに。古い言葉でいえば二人とも「都落ち」だった。

   そこから強力軍団を編成して東上、日本一の座に登り詰めた。

   三原が去って間もなく、西鉄は八百長試合に端を発した「黒い霧事件」にまみれ、球団を手放すことになる。福岡から球団が消え、現在の西武に姿を変えた。王のダイエーはぽっかり穴の開いた福岡に帰ってきた球団だった。

   今年の日本シリーズの直前、巨人選手の野球賭博が発覚。歴史はくり返されている。その巨人は監督問題でももたつき、ドラフト会議は監督不在だった。

   工藤監督は王が実現した人事であり、王の手腕がさらに評価される。

   ちなみに、工藤は野球評論家時代、新たにプロ球界に参画したDeNAの監督に名前が挙がったが、結局は巨人出身の中畑清になった。そのDeNAは今季最下位に沈んでいる。

(敬称略 スポーツジャーナリスト・菅谷 齊)

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中