「上方芸能」200号で終刊へ 関西の芸能文化を紹介

印刷

   関西の芸能文化を幅広く紹介してきた季刊誌「上方芸能」が2016年5月発行の第200号で終刊することとなった。発行人の木津川計さん(80)が2015年11月1日、大阪市内で行った講演で明らかにした。

   同誌は1968年創刊。狂言、歌舞伎、落語、現代演劇、漫才など、関西を拠点とする芸能を幅広く取り上げ、3月に亡くなった落語家の故桂米朝さんらも寄稿していた。

   公式サイトに掲載されたお知らせ文によれば、終刊の理由は定期購読者が減少したことと、木津川さんが高齢になったことという。定期購読者は最盛期の1980~90年代には約2000人いたが、現在は970人に。「赤字財政」に耐え切れなくなり、200号で区切りをつけることにした。

   なお、終刊号では「さようなら『上方芸能』」として、全編を読者・関係者による400字メッセージで作るとしている。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中