大雨や噴火も「緊急速報メール」に追加 気象庁

印刷

   気象庁は2015年11月16日、携帯電話の「緊急速報メール」に大雨や暴風、噴火などの特別警報を加えると発表した。

   緊急メールはこれまで地震と津波だけだった。11月19日午前11時からは、対象の市町村にいる人の携帯電話やスマホに、新たに大雨、暴風、噴火、波浪、高潮、大雪、暴風雪の特別警報をアラーム音と共にメールを配信する。特別な契約や加入手続きは必要ない。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中