メバチマグロ漁獲枠、大西洋で2万トン削減へ

印刷

   大西洋まぐろ類保存国際委員会(ICCAT)は2015年11月17日、メバチマグロの2016年~18年の年間漁獲枠の総量を、現在より2万トン削減した6万5000トンにすることに決めた。乱獲などで資源量が減っていると判断し、10日~17日にマルタで開いた年次会合で決定した。

   これに伴い、日本の割り当ては2万3611トンから1万7696トンに減少する。ただ、日本のメバチの漁獲は太平洋が中心で、大西洋での漁獲量実績は1万3700トン(2014年)と新たな枠を下回っているため、大きな影響はないとみられる。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中