紅白最大「サプライズ」黒柳徹子起用のNHK的事情 ももクロ、きゃりー落選の衝撃とドタバタ「夜の発表」

印刷

   下馬評では「サプライズはない」と言われていた「第66回NHK紅白歌合戦」出演者の最大のサプライズは、黒柳徹子さん(82)の総合司会への起用だった。「大幅減」が指摘されていた演歌歌手の数もトータルでは横ばい。逆に、安定した人気を誇る「ももクロ」こと「ももいろクローバーZ」らの落選が際だった。

   例年、司会者は出場者に先だって発表されるが、2015年の紅白では11月26日の会見で両者が同時に発表された。また、会見は日中に行われるのが慣例だが、今回は20時にスタートし、21時のニュース番組では司会者が会見場から生中継。写真撮影を含めると2時間以上続いた。内容よりも、形式の方が「サプライズ」が多い会見だった。

  • 最大の「サプライズ」は黒柳徹子さんの総合司会起用だった。手前右は紅組司会の綾瀬はるかさん
    最大の「サプライズ」は黒柳徹子さんの総合司会起用だった。手前右は紅組司会の綾瀬はるかさん
  • 2015年の紅白には10組が初出場する。そのうち7組が会見に出席した
    2015年の紅白には10組が初出場する。そのうち7組が会見に出席した
  • 総合司会の有働由美子アナウンサー(左)と紅組司会の綾瀬はるかさん(右)
    総合司会の有働由美子アナウンサー(左)と紅組司会の綾瀬はるかさん(右)
  • 会見は21時のニュースで生中継された。ワンセグ端末の仮面に映し出された「ニュースウォッチ9」では紅白会見の様子を報じている
    会見は21時のニュースで生中継された。ワンセグ端末の仮面に映し出された「ニュースウォッチ9」では紅白会見の様子を報じている
  • 乃木坂46は初出場を果たした。涙を流しながら意気込みを語る生駒里奈さん(右)を桜井玲香さん(左)が励ましている
    乃木坂46は初出場を果たした。涙を流しながら意気込みを語る生駒里奈さん(右)を桜井玲香さん(左)が励ましている
  • 初出場の「ゲスの極み乙女。」 
    初出場の「ゲスの極み乙女。」 
  • 初出場を果たした「μ’s」(ミューズ)
    初出場を果たした「μ’s」(ミューズ)
  • 乃木坂46
    乃木坂46
  • 大原櫻子さん
    大原櫻子さん

黒柳さん映像に報道陣から驚きの声

   紅組、白組の司会は「新聞辞令」どおり綾瀬はるかさん(30)と井ノ原快彦さん(39)が担当。有働由美子アナウンサー(46)が総合司会を務めるところまでは「想定内」だったが、会見場のモニターに黒柳さんが映し出されると、報道陣からは驚きの声も上がった。

   柴崎哲也チーフプロデューサー(CP)によると、黒柳さんに司会を打診したのは11月に入ってから。起用理由を

「今年は戦後70周年だったり、もうすく震災5年だったり、いろんな節目の年の紅白になる。そのときに、テレビ、紅白を象徴する方は誰かと考えたら、やっぱり大先輩の黒柳さん。テレビ界を象徴するレジェンドだと思っている」

などと説明した。司会発表がずれこみ、出演者と同時発表になった理由も

「黒柳さんを含めて。司会の方を皆様にきちんとした形で発表させていただくスケジュールを探っていたところ、こういうタイミングになった」

と説明した。

NMB残り、乃木坂は初出場 SKE、HKTは落選

   NHKによると、紅白の出場者は「今年の活躍」「世論の支持」「番組の企画・演出」の3つを基準に選ばれる。15年の紅白には、AKB48の「公式ライバル」として知られる「乃木坂46」ら初出場10組を含む51組が出場する。乃木坂は14年秋には「出場内定」をスポーツ紙が報じたが、直後に週刊文春がメンバーのスキャンダルを報じたことが影響したのか、出場を逃していた。15年に1年越しの出場を果たした理由を、柴崎氏は

「(乃木坂にとって)やっぱり実績という意味で、非常に活躍した年」

だと説明。AKB48グループでは、AKB48と大阪を拠点にするNMB48は引き続き出場するが、名古屋のSKE48と福岡のHKT48は涙を飲んだ。この点については、

「活動の実績、私たちの調査による世論の支持、演出、企画に沿う出演者という3つの要素を総合的に判断して決定した」

などとあくまで一般論が繰り返された。

落選危機の細川たかし、和田アキ子は......

   「ももクロ」以外にも、ここ数年は安定した人気を誇ってきた、きゃりーぱみゅぱみゅさん(22)、水樹奈々さん(35)、18回出場した香西かおりさん(52)らも落選。「出演を打診したが断られたのか、そもそも打診しなかったのか」について、NHKは「個別の交渉ごと」だとして明らかにしなかったが、「ももクロ」は公式ブログで

「紅白歌合戦を卒業します」

とつづっている。

   一方で、「落選危機」が指摘されていた細川たかしさん(65)や和田アキ子さん(65)は、それぞれ39回目の出場を決めた。小林幸子さん(61)も「特別企画」枠で4年ぶりの出場が決まった。

   20時に会見が始まり、出演者の写真撮影の途中でNHKのニュース番組「ニュースウオッチ9」の中継が入るのも異例だ。柴崎氏は

「皆さんのスケジュールを合わせるということで、こうなってしまった。遅くなってしまって本当に申し訳ない」

と述べ、「自局中継ありき」のスケジュール設定、との見方を否定した。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中