新国立競技場2案公表 隈研吾氏、伊東豊雄氏らのデザインとの報道

印刷

   日本スポーツ振興センター(JSC)は2015年12月14日、2020年東京五輪・パラリンピックのメイン会場となる新国立競技場のデザイン案を含む「技術提案書」2案を公表した。JSCは年内にも事業者を1つに絞り込む。

   工費は、屋根に木材を使って日本の伝統デザインを取り入れたA案が約1490億円、木製の柱がスタジアムを囲むB案が約1497億円。工期はともに2019年11月末までと設定されている。いずれも建築家や業者名は伏せられている。

   12月14日付け日刊スポーツ電子版などの報道によると、大手ゼネコンの大成建設と建築家・隈研吾氏のグループ、竹中工務店・清水建設・大林組など複数のゼネコン企業共同体と建築家・伊東豊雄氏のグループが応募したものとされる。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中