名古屋市「挟み撃ち」殺人犯はイラン人? 周辺では覚せい剤など薬物事犯が頻発していた

印刷

   走行中の車を前後から「挟み撃ち」し、乗っていた人を引きずり出して刃物で切り付けるなどした末に死亡させるという凄惨な事件が名古屋市で起きた。事件の様子は近隣住民が動画で撮影していた。動画では誰かが叫び声をあげている。加害者も被害者も外国人だとみられ、その叫び声はスペイン語系や中国、韓国といったアジア系とも違ったように聞こえる。ペルシャ語だとの指摘も出ている。

   仮に叫び声がペルシャ語だとすれば、ペルシャ語を話すイラン人が犯行に関与した可能性も浮上しそうだ。2か月半ほど前には、3キロほど離れた場所でイラン人の少年が外国人を刃物で切り付けたとして逮捕されている(容疑者は逮捕時に関与を否定)。今後、こういった事例との関連も検証しながら捜査が進められることになりそうだ。

  • 2015年7月にはイラン人によるとみられる傷害事件が起きた(写真はイメージ)
    2015年7月にはイラン人によるとみられる傷害事件が起きた(写真はイメージ)

イラン人の逮捕事案の大半は薬物関係

   事件は2015年12月20日午前1時30分頃起きた。現場は、名古屋駅から南東に約2キロ離れた、名古屋市中川区の高速道路の高架下にある片側3車線の道路だ。ワゴン車が北上していたところ、黒い車がワゴン車を追い越して前をふさぎ、別のセダンタイプの車が追突。ワゴン車は中央分離帯付近で停車せざるを得なくなった。

   前後の車2台から5~6人の男が出てきてワゴン車に乗っていた男性を引きずり出し、刃物で切り付けたり殴ったりしたという。加害者の5~6人は車2台を放置した上で、別の車に乗り込んで逃走。被害者の男性は近くのコンビニに駆け込んで助けを求め、病院に搬送されたが約6時間後に出血性ショックで死亡した。

   近隣住民が事件の様子を撮影し、報道各社に提供している。その動画では、犯人グループが乗ったとみられる自動車が現場を離れる様子が映っており、なんらかの外国語で叫ぶ声も収められている。この外国語がペルシャ語だとの見方も出ている。ペルシャ語を話す人は世界中に約4500万人程度いるとされ、主にイラン、タジキスタン、アフガニスタンなどで話される。特にイランでは唯一の公用語に定められている。

7月には栄でイラン人?少年が刃物で切り付ける事件も

   この外国語がペルシャ語であれば、イラン人が犯行に関与している可能性も浮上しそうだ。ここ1年間で、自称を含むと何らかの事件でイラン人が愛知県内で逮捕、報道されたのは7件、8人。そのうち6件、7人が大麻取締法や覚せい剤取締法違反の疑いが持たれている薬物事犯で、取り調べに対して「僕のものではない」「やっていないし、話したくない」などと否認したり黙秘したりするケースが大半だ。

   残る1件、1人は傷害事件だ。15年7月19日午前6時30分頃、名古屋市栄4丁目の路上で、愛知県半田市に住む外国人男性(当時38)が外国人風の男から切り付けられ、肩から胸に達する全治4週間の重傷を負った。現場付近の防犯カメラに犯行現場が映っており、男性を切り付けたとみられる男が刃渡り40~50センチの刃物のようなものが映っていた。犯行現場は、今回の事件から約3.5キロ離れた場所だ。それから3カ月近くが経過した10月8日になって殺人未遂の容疑で逮捕されたのは、自称イラン人の無職少年(17)だった。少年は「やっていない」などと容疑を否認していたという。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中