指紋認証だけでATM操作可能に イオン銀行が実証実験

印刷

   イオン銀行は2015年12月30日、指紋認証だけで現金自動預払機(ATM)を利用できるようにする実証実験を16年2月15日から始めると発表した。

   これまでもATMで指紋認証が可能な事例はあったが、ICキャッシュカードや暗証番号の使用が必要だった。今回の実証実験では、「手ぶら」の状態でもATMでの入金、出金、振込、残高照会ができるようになる。実験は、指紋認証の技術を持つベンチャー企業「リキッド」が開発したシステムを利用。東京都千代田区内のイオン銀行1店舗で実験を始め、結果を検証した上で、規模を拡大する考え。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中