最後まで「生き様」見せ続けた竹田圭吾さん 「どうしても番組に出たい」と気力で出演

印刷

    闘病生活を続けていたジャーナリストの竹田圭吾さんが2016年1月10日午後、膵臓(すいぞう)がんのため都内の病院で死去した。51歳だった。

   竹田さんは15年秋に、出演している番組で闘病を公表。その後も精力的にテレビ出演を続けていた。レギュラー番組のひとつがフジテレビの「とくダネ!」だった。16年1月11日の放送によると、竹田さんは15年12月には、自分の荷物をかばんに入れることもできないほどに体力が落ちていた。だが、竹田さんは『出るのが生きがいなんだ。出ると元気になるんだ』などと最後までテレビ出演への意欲を失っていなかったという。

  • 竹田さんのツイッターは2015年末まで更新されていた
    竹田さんのツイッターは2015年末まで更新されていた

「竹田さんの覚悟は決まっているんだなって、誰もが思ったんですよね」

   竹田さんの最後の「とくダネ!」出演は15年12月22日。小倉智昭キャスターは、その時点で竹田さんの「覚悟」を感じていたという。

「もう竹田さんの覚悟は決まっているんだなって、誰もが思ったんですよね。本当に長い闘病生活で、もうきついんじゃないかな。みんなでもね、なかなか竹田さんに病気のことを聞けないんですよ。最初にがんのことをお話しになったときに、『竹田さん、どこのがんだったんですか?』って聞いたら、(肺の辺りを指しながら)『この辺でした』って、そう言うだけだった。『ああ、あんまりお話しになりたくないんだな』って、それ以来病気のことは聞きませんでした」

   竹田さんの衰弱ぶりを見かねたスタッフが出演見合わせを打診したこともあったが、竹田さんは番組出演が「生き様」だとして出演続行を望んだという。小倉キャスターは、こう続けた。

「歩くのもつらいほど弱っていくのを見ていて、『体だけは気をつけてくださいね』って言うのが精一杯で、それ以外の励ましの言葉は逆に竹田さんにとって失礼なのかなって思った。番組のスタッフも、竹田さんに無理をさせてはいけないので、車いすを用意したり色々なことを考え、『本当に無理だったらお休みになってもいいですよ』(と伝えた)。でも竹田さんご本人が『どうしても番組に出たいんです。それが自分の生き様です』って仰って...」

   笠井信輔アナウンサーも、竹田さんが気力で番組出演を続けていた様子を振り返った。

「(竹田さんが)楽屋に帰ったら、荷物をかばんに詰められないんですって。それでスタッフに『荷物を詰めてもらえますか?コートを取ってもらえますか』と言って、スタッフが手伝ってあげて...。でも『出るのが生きがいなんだ。出ると元気になるんだ』というお話をされていて...。川島なお美さんのように、最後の最後までメディアという舞台で人生を全うしたいんだな、というのは隣に座っていらして、回を増すごとにひしひしと感じていました」

ラジオ番組で降板理由を説明する予定だった

   「とくダネ!」と同様にレギュラー出演していた「Mr. サンデー」(フジテレビ系)でも、1月10日の放送の最後で訃報を伝えた。木村太郎氏は

「すごくこの人に刺激を受けていたので残念」

と話し、宮根誠司キャスターは

「僕よりひとつ年下なんですが、『今年のサンデーは、もう一暴れしますのでお願いしますね』って言ったら『やりましょう』。でも、こうやって生きていって、こうやって旅だっていくんだな、というのを本当に体現した人」

と早すぎる死を悼んだ。

   竹田さんの最後のメディア出演は16年1月4日放送の「JAM THE WORLD」(J-WAVE)。竹田さんは1月11日での番組降板が決まっており、同日の放送で改めて降板の理由を説明するとしていた。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中