テレ朝元報道局長・椿貞良さん死去 「椿発言」が議論に

印刷

   テレビ報道の政治的公平性が問われた「椿発言」で知られる元テレビ朝日取締役報道局長の椿貞良さんが2015年12月10日に死去していたと、2016年1月21日に複数メディアが報じた。79歳だった。葬儀はすでに営まれた。

   1960年、日本教育テレビ(現テレビ朝日)に入社。北京支局長や報道局長などを歴任した。取締役報道局長だった93年、日本民間放送連盟の会合で「反自民の連立政権を成立させる手助けになるような報道をしようとデスクらと話し合った」などと発言したことが問題視され、責任を取って辞任した。椿さんは国会で証人詰問され、テレビ朝日は旧郵政省から厳重注意を受けた。

   この問題が「放送倫理・番組向上機構」(BPO)の前身である、「放送と人権等権利に関する委員会機構」(BRO)の設立につながったとされている。

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中