日銀マイナス金利は「妙薬」か、「劇薬」か 評価めぐって「社説」も分かれる

印刷

   日本銀行は2016年1月29日の金融政策決定会合で、初めての「マイナス金利政策」導入を決定し、市場に大きな衝撃を与えた。

   年明けからの株式急落で市場からは「追加緩和」を催促されていたが、その中身は、予想を大きく超えるものだった。奇策ともいえる「マイナス金利」の効果はあるのだろうか。

  • 黒田日銀の「マイナス金利政策」に市場もメディアも評価が揺れる
    黒田日銀の「マイナス金利政策」に市場もメディアも評価が揺れる

市場も戸惑い、乱高下繰り返す

   通常、お金を借りると、利子を払う。金融機関に預金するのは、預金者が金融機関にお金を貸していることになるから、金融機関が預金者に利子(利息)を払う。マイナス金利とは、貸し手が借り手に利子を払うという逆転現象だ。

   今回の日銀の政策は、金融機関が日銀に預金口座をもっていることに対応するもの。今はこれに0.1%の利息が付くが、2月16日から、一定額を超える預金について、マイナス金利にするもので、銀行などが手数料を払って日銀にお金を預かってもらう形になる。国民が銀行に預けている預金の金利まで、いきなりマイナスにするというものではない。

   その狙いは、日銀に預けたら損をする銀行などが、市中にお金を回して貸し出し、企業の設備投資や個人の消費を活発にし、景気を良くし、日銀が目指す物価上昇率2%につなげようというものだ。

   日銀は黒田東彦総裁就任後の2013年4月、「量的・質的緩和」として、国債を年間80兆円買い入れるほか、金融市場調節の目標を金利からマネタリーベースという「量」に変更する政策を採用。「異次元緩和」とも呼ばれている。最近の世界同時株安の中で、市場では追加緩和期待が高まっていたが、国債やETF(上場投資信託)の買い入れを増やすぐらいしか手はないのではないかとの見方が強かった。

   今回、市場の予想を超え、従来政策に「マイナス金利」を加え、「量・質・金利」の3方面で緩和を推し進めるというサプライズ政策に踏み切った。

   決定当日のマーケットでは、長期金利が0.1%を割り、円相場が一時、121円台半ばまで下げたのは当然だが、日経平均株価は、発表直後に前日比600円高近く値上がりした後、同300円安レベルに急落、その後は値を戻し、結局同476円高で取引を終え、週明けも1日は続伸、2日は小幅反落、3日は大幅安で始まるといったように、荒い値動きが続き、マイナス金利に対する市場の戸惑いを示している。

?
外資系求人特集

   海外企業の日本法人設立が相次いでいるが、日本の商慣習に理解がありながら、海外とのやり取りもできるバイタリティーを持ったマネージャークラスの人材が不足している。代転職サイト「ビズリーチ」の外資系企業特集によると......続きを読む

PR 2015/3/16

投資

   ここ数年、円相場の変動が大きくなり、外国為替証拠金(FX)取引では為替差益を狙う個人投資家が増えているようだ。いまや日本の個人投資家はすでに......続きを読む

PR 2016/6/1

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

日本神話、源氏物語から阿久悠、AKB、仕事、家庭まで。文化と社会の中には常に女性の姿があった!

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中