清原容疑者との交際伝えた「ブログ」に謝罪求める 手島優、「ほんとに迷惑です。営業妨害」

印刷

   「この記事書いた方に謝ってほしいです」「ほんとに迷惑です。営業妨害」――。グラビアアイドルの手島優さん(33)が、覚せい剤取締法違反で逮捕された清原和博容疑者(48)との交際疑惑を伝えた一般人のブログに激怒している。

   手島さんは、「これでお仕事に変な影響出たらどうしてくれるわけ?」と記事の悪影響力を心配していたが、相手はサラリーマンが管理人をつとめる無名のブログ。皮肉にも、手島さんの過剰な反応が交際疑惑を世に広めるきっかけとなってしまった。

  • 疑惑を否定したことが皮肉な結果に…(画像は手島優さんのブログ)
    疑惑を否定したことが皮肉な結果に…(画像は手島優さんのブログ)

「嘘の情報を勝手な憶測で書かれるのは迷惑です」

   手島さんは2016年2月7日深夜、自身のブログに「皆様へ。緊急お知らせです」と題した記事を投稿。清原容疑者と交際があったという噂が出回っていると述べた上で、

「きちんと言わせていただきます。私、手島優は清原容疑者とは一度もお会いしたことありませんし、何の接点もございません」

として、その内容をきっぱりと否定した。さらに、「全くの嘘の記事を書かれるのはとても迷惑です」ともつづり、事実無根のデマを発信した媒体へ怒りを爆発させた。

   さらに、ツイッターでも「ほんと勘弁願いたい。腹立たしい」「これでお仕事に変な影響出たらどうしてくれるわけ?」などと、問題の記事について文句を連発。これにはファンからも、

「メディアなんか信じてないから大丈夫」
「報道の自由からかけ離れてるゴシップ」
「しかし迷惑な話やな。マスコミはアホばっかりや」

などと、今回の記事を書いた媒体を批判するコメントが次々と寄せられた。

   ――だが、手島さんが「嘘の情報を勝手な憶測で書かれるのは迷惑です」として、URL付きで取り上げたサイトは「一般人のブログ」だった。すでにブログは削除されているが、WEB上に残ったキャッシュを確認すると、管理人は「ケンちゃん」を名乗るサラリーマンだと分かる。どうやら彼はゴシップ好きで、バラエティー番組や週刊誌の情報をもとに憶測を広げた記事を定期的にブログへ投稿していたようだ。

「エゴサーチ」でたまたま記事を見つけた?

   手島さんが激怒した一般人のブログ記事は、16年2月7日昼に公開された「清原和博がタレント手島優と交際?」というタイトル。スポーツ紙やバラエティー番組の内容を取り上げ、手島さんが清原容疑者と交際していた可能性を推測する内容になっている。

   記事の中で根拠とされているのは、手島さんが栃木出身という事実のみ。一部報道で「清原容疑者は群馬の女性から覚醒剤を買っていた」などと伝えられたことだけで、隣県出身の手島さんの関与を疑った「妄想に近い記事」である。

   他人からしてみればジョークとして笑い飛ばせる「トンデモ記事」ではあるが、本人からしてみれば我慢がならなかったのだろう。手島さんは、前述のように怒りを爆発させた後、「傷付き過ぎて涙が止まらない」ともツイッターに投稿している。

   しかし、相手は一般人のブログ。累計で最も読まれたページですら閲覧数は約2万回で、今回の記事も全く話題になっていなかった。実際、手島さんが取り上げた7日深夜より前の投稿をツイッターで検索してみると、たった1件しかヒットしない。おそらく、手島さんが「エゴサーチ」(自身の名前をSNSで検索すること)した際に、たまたま問題の記事を発見してしまったのだろう。

   結果として、手島さんがツイッターやブログで反応したことで、複数のニュースサイトがこの話題を大きく取り上げた。こうした報道が出た後、ネット上では「手島優と清原容疑者の交際問題」が改めて注目されたようで、本人が否定しているにも関わらず、2人の関係を推測するデマサイトが雨後の筍のように登場している。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中