義母にまで「ハメられた!」と弁解? 宮崎元議員に「どこまでもダサい」の呆れ声

印刷

   2016年2月16日午後の衆議院本会議で、自民党の宮崎謙介議員(35)の辞職が全会一致で承認された。宮崎氏は一礼すると、そのまま議場を後にした。

   先日の会見で不倫疑惑を全面的に認めた宮崎氏だが、序盤の言動はまさに「お粗末」だった。実は、不倫スクープが「週刊文春」に掲載される前には妻・金子恵美衆院議員(37)の母にこう電話で話していたらしい。「自分はハメられた」と――。

  • イケメン議員のイメージが一変(2月12日撮影)
    イケメン議員のイメージが一変(2月12日撮影)

謝罪会見では自らハニートラップ説を否定

   16日発売の週刊誌「女性自身」は、新潟市に住む金子氏の実母に独占取材した結果を報じている。これによると母親は10日、同誌記者に対して、

「ニュースになる前に、謙介本人から電話で記事が出ると知らされました。そのときは『自分はハメられた』と言ってましたよ」

と語ったという。「ハメられた」とは、いわゆるハニートラップを意味しているようだ。

   宮崎氏は当初、周辺にも同様の主張をしていたようで、11日放送の「キャスト」(朝日放送)では「『ハニートラップにかかった』と宮崎議員本人は言っていたよ」という自民党幹部のコメントが紹介された。

   ただ、12日の謝罪会見では自らハニートラップ説を否定している。

   連絡を取り合うきっかけは、相手女性(34)からSNS上でメッセージをもらったことだったとしつつも、「その後のやりとりは、私に非があった。思わせぶりなことを申し上げた」と、結果的には自らアプローチしたことを認めたのだ。

   相手女性も15日放送の「白熱ライブビビット」(TBS系)の中でハニートラップ疑惑を否定している。「全くもってないです。何でそんなことを言われるのか...誰がそんなことを言ってるんだろうって感じです」と困惑した様子だった。

   2人が初めて出会ったのは国会召集日(1月4日)の着物の着付けだったという。相手女性の説明によれば、宮崎氏は着付け中に女性の手をにぎったり、何度も声をかけたりした。これでは最初から宮崎氏がアタックしていたとさえ言えそうだ。

「お互いが黙っていれば大丈夫だと考えました」

   加えて不倫関係になった後には、「私のど真ん中はソナタ」「会いたくてたまらない病」...と、聞いているこちらが恥ずかしくなるようなLINEトークも送っていた。もし仮にハニートラップだったとしても、義母に「ハメられた」と主張するのは随分と虫のいい話だろう。

   そもそも宮崎氏の「お粗末」な対応は、文春記者に直撃された時から始まっている。

   週刊文春の記事によると、宮崎氏はお泊り翌日(1月31日)、文春記者からの電話取材に対し「いやいやいや......もう勘弁してくださいよ。どういう時期かわかってるでしょ!」と逆ギレして電話を切ったという。

   続けて、第1子が誕生した2月5日の直撃では「いや勘弁してください。よくわからない話ですから。(相手女性のことは)知らないよ。知らない、知らない」とすっとぼけた。

   これについては会見で「動揺してしまって、とっさに嘘をついてしまいました」「どうにかしてごまかせないものかと考えてしまった。お互いが黙っていれば大丈夫だと考えました」として謝罪した。

   そして何より、報道陣の前での「無表情ダッシュ」は多くの人の目に焼き付いた。9日の本会議後、報道陣からコメントを求められるも、一切口を開かず走り去る様子は何度もニュース番組で流れた。

「とにかく、どこまでもダサい。言っている事も、やっている事も」
「ここまでダサい男も珍しい」
「国会で記者から逃げまわり、辞職。ダサい」

   「育休宣言」で脚光を浴びた長身イケメン議員は、初報からわずか1週間ほどで、ネット上でひたすら「ダサい」と評される残念な人物になってしまった。会見では政界復帰への意欲も示唆していたが、道は険しそうだ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中