特A米「青天の霹靂」16年産、作付面積を3倍に

印刷

   青森県産初の「特A」米となった「青天の霹靂」の2016年産の作付予定面積が、15年産約550ヘクタールの3倍にあたる約1560ヘクタールになった。青森県が2016年2月16日に発表した。市場デビューした15年産の好調な売り上げを受けて、生産を希望する農家が増えているという。

   生産者数は2倍超の約850個人・団体になる見通しで、収穫量も約3倍の約8400トンに増える。栽培する自治体も大鰐町が加わって13市町村となる。

   青森県は、「安定的な高品質生産に向けて、きめ細やかな生産指導を徹底していく」としている。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中