アベノミクス「評価しない」が57% 読売新聞世論調査

印刷

   読売新聞社が2016年1~2月にかけて行った世論調査(郵送形式)で、安倍内閣の経済政策「アベノミクス」について「評価しない」と回答した人が全体の57%で、「評価する」の42%を上回った。2016年2月26日の朝刊で発表された。

   「評価しないと答えた理由」(複数回答可)は、「収入が増えない」が60%トップで、ほかに「経済格差が広がった」(55%)、「物価が上昇した」(46%)などが挙がった。一方、「評価すると答えた理由」(同)については、「大企業を中心に業績が改善した」の44%が最多だった。

   また、景気回復を「実感していない」と答えた人は84%で、「実感している」の16%を大きく上回った。今後の景気回復を「期待できる」と答えた人も34%にとどまった。

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中