「音楽は、握手のオマケか。」 ディスクユニオンvsタワレコのポスターバトル勃発!?

印刷

   レコードチェーン「ディスクユニオン」とCDショップチェーン「タワーレコード」が、ポスターで「対決」しているとしてインターネット上で話題になっている。

   前者が握手会チケット付きのCDに疑問を投げかけるようなコピーのポスターを掲示したところ、後者がそれに反論するようなコピーのポスターで応戦した――という文脈なのだが、後者のポスターはネットユーザーの作ったコラージュ画像だった。

  • きっかけとなったディスクユニオンのポスター画像(投稿者提供/ディスクユニオン池袋店で撮影)
    きっかけとなったディスクユニオンのポスター画像(投稿者提供/ディスクユニオン池袋店で撮影)

「音楽が、握手のオマケで何が悪い」

   きっかけは、ある人物が投稿したツイートだった。2016年3月6日、「ディスクユニオン様!!一生付いていきます!!!」とのコメントとともにポスターを撮影した画像を投稿した。

   白地のシンプルなポスターで、ディスクユニオンのロゴの下に次のメッセージが記されている。

「音楽は、握手のオマケか。音楽は、手を握るためにあるんじゃない。音楽は、心を震わすためにあるんだ。」

   AKB48に代表されるような、好きなアイドルの握手会に参加するため、チケット目当てで何枚も同じCDを購入する人が増えている現状に疑問を投げかけた内容だ。

   すると翌7日、今度は別の人物が「タワーレコード様!!一生付いていきます!!!」として1枚のポスター画像を投稿。ディスクユニオンのポスターとそっくりの構図で、

「音楽は、握手のオマケだ。音楽が、握手のオマケで何が悪い。握手だって、心を震わすためにあるんだ。」

と書かれている。ディスクユニオンのメッセージを真っ向から否定する主張で、ロゴの部分には、「NO MUSIC, NO IDOL?」とのコピーがあしらわれていた。

「タワレコが制作したものではございません」

   しかし、よく見てみれば、ディスクユニオンのポスター画像とシワや汚れの位置が全く一緒であり、コラージュ画像と分かる。ところが、まとめサイト等がオフィシャルのものとして拡散したこともあり、本物と受け止めるネットユーザーもすくなからずいた。

   予期せぬ反響を呼んだことに慌てたのか、コラージュ画像を投稿した人物はその後、ツイートを削除して謝罪した。

   他にもいくつかのパロディーポスター画像を投稿していたことや、元画像をそっくりそのまま使用していたことから、「信じる方がいるとは思いませんでした」ともつぶやいていた。

   8日にはタワーレコードも騒動に反応。同社の公式ツイッターアカウント「タワーレコードインフォメーション」が

「ツイッターでタワレコのポスターが話題になっているみたいですね...。お気づきの方も多いと思いますが、こちら、タワレコが制作したものではございません。念のため。。」

と投稿し、これを正式に否定した。

   9日、J-CASTニュースが同社に取材すると「タワーレコードの制作物ではないとわかっている方も多かったようでしたが、ネット上で話題になっていたため、念のために反応しました」(広報室担当者)とのことだった。

   一方、ディスクユニオンは、販売促進担当者が取材に対して「ポスターを掲示していたのは事実ですが、本件についてのコメントは差し控えさせていただきたい」と回答。なお、ポスターは現時点で掲出されていないという。

   1枚のパロディー画像が思わぬ波紋を広げた今回の騒動。ネット上では「悪質なコラージュ」「営業妨害」との指摘も出ているが、中には

「タワレコ側の返しはコラ画像で捏造されたものらしいですけど大手がこういうの言っちゃうのわりと好きですね。笑」
「でもワシはやたらお固く熱いユニオンも好きだし 柔軟なタワレコも好きなのだよ」

といった意見もみられた。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中