みのもんたネットTVは「炎上」メディア? 「キャスター」復帰で早くも「セクハラ疑惑」蒸し返し

印刷

   みのもんたさん(71)が2年半ぶりに「キャスター」に復帰する。インターネットテレビ局で、若者をターゲットにした報道番組を担当するという。

   2013年秋に「朝ズバッ!」(TBS系)を降板して以降、レギュラー番組といえば「秘密のケンミンSHOW」(日本テレビ系)と、文化放送のラジオ番組だけ。本人は久々の報道番組に意気込み十分のようだが、ネットユーザーの反応はいまひとつのようだ。

  • 「みのもんたのよるバズ!」で2年半ぶりにキャスター復帰
    「みのもんたのよるバズ!」で2年半ぶりにキャスター復帰

4月から毎週土曜の20時、2時間の生放送

   出演するのは、テレビ朝日とサイバーエージェントが手がける無料ネットテレビ局「AbemaTV」の24時間ニューチャンネル「AbemaNews」で2016年4月からスタートする「みのもんたのよるバズ!」だ。

   「世の中を!権力を!ズバッ!と斬る」をテーマに、ブラック企業や非正規雇用、シングルマザーの貧困、待機児童など、若い世代のさまざまな社会問題に焦点をあてる。

   毎週土曜の20時から2時間、テレ朝社屋内のオープンスタジオから生放送。スマートフォンによる中継を駆使して、生取材や生インタビューも行っていくという。

   「午後は○○おもいッきりテレビ」(日本テレビ系)や「みのもんたの朝ズバッ!」(TBS系)などでメーンキャスターを務め、お茶の間ではすっかりおなじみだったみのさんだが、夜の情報番組のキャスターは初挑戦だ。本人は、

「ターゲットは私の大好きな10代後半から20代30代。今は放送法の縛りがどうのこうの、言論の自由がどうのこうの言ってますけど、もしできるなら、わたくし、みのもんたのスマホの世界で、大いに意見を戦わせたいと思います」(3月15日発表コメントより)

と、早くもやる気満々。スポニチアネックスが15日に配信した記事によれば、「今までにないことをやって、ネット上で炎上したいですね」とも語っているという。

共演者は「個性豊かな女性たち」

   「朝ズバッ!」の降板は、当時日本テレビの社員だった次男が窃盗未遂容疑で逮捕(その後不起訴)されたことを受けての決断だった。その後、報道番組への起用のウワサはいくつかあったものの、いずれも実現することはなかった。

   ただ、「復帰」への意欲は度々みせていた。2014年に都内ホテルで開催された「古希の祝い」では、「お話をいただけるなら、日本を動かせるような番組をやりたい」との主旨の発言をしたと複数メディアが報じていた。

   最近でも「サンデー毎日」16年3月6日号に掲載された対談記事の中で、

「いい番組があれば、ですがね。あいにく、いい番組がないからな~(笑)。最近のワイドショーだって、お笑い番組なのか、お遊びのバラエティーなのか、区別がつかないでしょ。そんな中途半端なところに身を置くつもりはありませんよ」

とコメントし、「やるなら真面目な番組」であることを匂わせていた。

   今回は地上波ではなく、自身にとっては初のネット番組。成功するかどうかは未知数だ。

   復帰の報はさまざまなメディアが報じたが、発表直後、ネットユーザーたちからは「ネット放送を見る層に需要あるのか?」「完全に過去の人間」といった冷めた反応が目立つ。

   それどころか、ツイッターで「みのもんた」と検索すると「セクハラ」との予測ワードが表示され、話題は完全にそれに移っている。次男逮捕騒動より前の13年8月、「朝ズバッ!」生放送中に女性アナウンサーの尻あたりを触ったような場面が映り、当時、大きな注目を集めた一件だ。

   TBS広報部は当時、「セクハラ行為があったとは認識していないが、紛らわしい行為だった」などとするコメントを発表し、セクハラ疑惑を否定していた。しかし、疑惑のシーンは未だに人々の印象に強く残っているようだ。

   ちなみに「よるバズ!」の共演者は「弁護士からイマドキの女子まで、経歴も年齢もさまざまで個性豊かな女性たち」だという。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中