北朝鮮ミサイルに「破壊措置命令」

印刷

   2016年3月18日の北朝鮮の弾道ミサイルの発射に対して、中谷元・防衛相は、ミサイルが日本領域に落下する事態に備えるため、自衛隊法に基づく「破壊措置命令」を同日までに発令した、と産経新聞などが報じた。防衛省は海上配備型迎撃ミサイル(SM3)を搭載した海上自衛隊のイージス艦を展開するとともに、航空自衛隊の地対空誘導弾パトリオット(PAC3)を東京・市谷の防衛省敷地内に配備したとみられる。防衛省は今回の一連の命令を公表していない。

   18日付の韓国・中央日報日本語版によると、同日午前5時55分(日本時間)ごろ、北朝鮮西部の平安南道粛川付近から弾道ミサイル2発を順に日本海に向けて発射されたと、韓国国防省が発表した。1発目は飛行後しばらくしてレーダーから消え、2発目は爆発した可能性があるとされる。いずれも移動式発射台(TEL)から打ち上げられたとみられる。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中