トヨタ「AQUA」、カローラ抜いて最速の100万台突破、いったいどこが好かれているのか?

印刷

   トヨタ自動車の小型ハイブリッドカー(HV)、「AQUA(アクア)」の国内累計販売台数が2016年2月末に100万台を突破した。

   「アクア」は2011年12月に発売。販売開始から4年2か月の大台達成は最速という。これまでトヨタで最も速く100万台に到達したのは「カローラ」の約6年だった。

  • トヨタ「AQUA」の販売台数、最速で100万台達成!(画像は、アクア特別仕様車「X‐URBAN Solid」)
    トヨタ「AQUA」の販売台数、最速で100万台達成!(画像は、アクア特別仕様車「X‐URBAN Solid」)

新車販売台数、2013年から3年連続でトップ

   トヨタ自動車の小型HV「アクア」が2011年12月の発売以来、息の長い大ヒットとなっている。発売当時、アクアはガソリン1リットルあたり35.4キロメートルと、HVの「先輩」である「プリウス」を上回る世界最高の燃費性能を誇っていた。ひと回り小さいコンパクトカーで価格も100万円台に落としたことでユーザーが若年層にも広がった。

   日本自動車販売協会連合会(登録車ベース)によると、アクアの新車販売台数は、発売がはじまった2012年(暦年)に、いきなり26万6567台を販売して、年間の販売ランキングで第2位に登場。以来、13年に26万2367台、14年は23万3209台、15年には21万5515台を販売して3年連続でトップとなった。じつに年間20万台を超えて売れ続け、一気にトヨタの主力車種にのぼり詰めたわけだ。

   2015年は、消費税率の引き上げに伴う駆け込み需要の反動や軽自動車税の増税の影響で、新車販売台数が4年ぶりの前年割れとなるなか、軽自動車を含めた新車販売台数をみても、14年に首位だったダイハツ工業の軽自動車の「タント」が3位に後退。アクアは2年ぶりにトップに返り咲いている。

   最速での100万台達成という、アクアの快走にインターネットには、

「プリウスより印象いいし、レンタカーで借りて乗ったけど、確かに燃費はよかった」
「小さいけど、ハイブリッドが100万円台で出たのは衝撃だわ」
「わりとデザインも悪くないよね? 見た目はけっこう好きだったりする」

と、高く評価する声は少なくない。

   その半面、「好み」が合わない人もいるようで、

「後部座席の狭さは異常だよ。実燃費もカタログとだいぶ違うようだし」
「ぶっちゃけ『トヨタのHVで安いやつ』ってだけで売れてるんじゃないの」
「アクアのルーフって、何でつぶれたようなデザインなんだ。格好悪すぎ」
「アクアは独身者やセカンドカー向けかな。ファミリーカーとしては厳しい」

などといった声もある。

「ライバル」ホンダのフィットがリコール、独走許す?

   トヨタの「アクア」が好まれるのは、圧倒的な燃費性能にある。排気量1500ccクラスで、カタログ値で現行1リットルあたり37.0キロメートル(13年12月にマイナーチェンジ)という、世界トップクラスの燃費のよさ。そのうえ、本体価格が200万円を軽く超えるプリウスよりも割安な点が評価された。

   2016年3月23日のJ‐CASTニュースの取材に、トヨタは、「燃費性能に加えて、誰にも受け入れやすいデザインなどが評価され、幅広いユーザーにご購入いただいております」と話した。

   一方、「ライバルの自滅」がアクアの販売を加速させたとの見方もある。アクアが発売された2011年12月以降の新車販売ランキングでは、12年(暦年)の首位は、同じトヨタの「プリウス」(31万7675台)。アクアが2位で、3位にはホンダの「フィット」(20万9276台)が続いた。

   以来、首位争いはプリウスとアクア、フィットの「3つ巴」だったが、2014年に販売台数を2位に伸ばしたフィット(20万2838台)が、新たに採用した新型ハイブリッドシステムに不具合が発生。短期間に5回ものリコール(回収・無償修理)を起こしたことで、ネガティブなイメージがついてしまい、追撃の機会を逃してしまったようだ。

   インターネットにも、

「アクア買った者だけど正直、現行フィットもいいクルマだと思うんだよ。不具合さえなければ」
「フィットは不具合が多発したからな。フィットの自滅だ」

といった声も漏れている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中