20年に訪日客4000万人へ 政府が新目標決定、5年間での倍増目指す

印刷

   政府は2016年3月30日、安倍晋三首相が議長をつとめる「明日の日本を支える観光ビジョン構想会議」を開き、2020年の訪日外国人観光客を年間4000万人に、旅行消費額を8兆円とする新たな目標を決めた。

   15年の訪日客数は1974万人、消費額は3兆4771億円で、ともに5年間での倍増を目指す。目標達成に向けた施策として、中国・フィリピン・ベトナム・インド・ロシアの5か国を「潜在力の大きい市場」として重視し、入国ビザの発給条件緩和を戦略的に実施する。

   また、30年に訪日客を6000万人に、消費額を15兆円に目指す目標も盛り込んだ。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中