AKB「こじまこ」、最初は「めっちゃ嫌」だったが... 「タヌキ顔」今や、アイドル界で「褒め言葉」!?

印刷

   古くは歌手の森昌子さん(57)に代表される「タヌキ顔」が再び脚光をあびつつあるようだ。

   最近のアイドルで「タヌキ顔」として知られるひとりが、AKB48の「こじまこ」こと小嶋真子さん(18)。本人はそう呼ばれるのを「めっちゃ嫌」だと話していたが、ラジオ番組で他のAKBのメンバーから「褒め言葉」「タヌキ顔ブームじゃない?」と諭されると、「自覚も出てきた」と、まんざらでもないようだ。

  • AKB48の小嶋真子さん。「『タヌキ』の『自覚も出てきた』」そうだ(2014年10月撮影)
    AKB48の小嶋真子さん。「『タヌキ』の『自覚も出てきた』」そうだ(2014年10月撮影)
  • 広瀬すずさん(2016年撮影)
    広瀬すずさん(2016年撮影)
  • 橋本環奈さん(2014年撮影)
    橋本環奈さん(2014年撮影)
  • 長澤まさみさん(2009年撮影)
    長澤まさみさん(2009年撮影)

「真子先輩は、たぬきと...」、「やばい、怒った」

   「タヌキ顔」は丸い輪郭や団子鼻が特徴だとされ、親しみやすい「癒し系」「和風美人」だと評されることも多い。だが、小嶋さんはそうは思っていなかったようで、15年5月6日未明に日本テレビで放送された「AKBINGO!」で「タヌキ顔」を指摘されて、

「タヌキって言われるの嫌です」
「めっちゃ嫌です」
「動物じゃないし」

   とお冠だった。その考えが変わったのは16年4月7日未明放送のラジオ番組「オールナイトニッポン」。劇場で自己紹介するキャッチフレーズの話題で、「りりぽん」こと大阪・NMB48の須藤凛々花(すとう・りりか)さん(19)が、「じゃあ、真子先輩は、たぬきと...」と言いかけ、小嶋さんの異変に気づいて「やばい、怒った」と焦った様子に。

   小嶋さんは

「こうして公式の場で『いじる』人は、りりぽん先輩が初めてでございます。ありがとうございます。でもすごい言われる。『タヌキ顔だよね』って」

と静かに怒っている様子だった。須藤さんは

「褒め言葉ですよ、昨今のアイドル界においてそれは...」

と必死でフォローし、岩立沙穂さん(21)も、橋本環奈さん(17)や広瀬すずさん(17)の名前を挙げながら

「タヌキ顔ブームじゃない?なんかさ、好きじゃない?みんな」

と助け舟を出した。そうすると、小嶋さんは

「タヌキって何にでも化けれるんだよー」

と、多少はタヌキを気に入ったようだ。

トークアプリでは「自覚も出てきた」

   4月10日には、トークアプリ「755」(ナナゴーゴゴー)でファンから

「まこちゃんは、たぬきじゃないよ」

と話しかけられて

「いや、違くないらしい。自覚も出てきた」

と返信。少しずつ「タヌキ」を気に入っているようだ。

   前出の森昌子さんは、その容姿に加えて、本名の「森田昌子」と「森昌子」を比較して「タヌキ」(田抜き)と呼ばれることもあった。これ以外にも、最近では長澤まさみさん(28)などが「タヌキ顔」だと指摘されている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中