草間彌生さん「世界で最も影響力のある100人」選出 米誌タイム

印刷

   米誌タイム電子版は2016年4月21日、毎年恒例の「世界で最も影響力のある100人」を発表した。日本からは、現代美術家の草間彌生さんが選出された。

   草間さんは長野県松本市に生まれ、1957年に渡米。水玉と網模様をモチーフにした絵画作品を生み出し、彫刻や映画、小説、詩集なども手掛けた。紹介人でファッションデザイナーのマーク・ジェイコブス氏は同誌で、「アートの世界で本当の意味で革命的なことを成し遂げてきた」とその功績を称えている。

   そのほか、共和党のドナルド・トランプ氏や、俳優のレオナルド・ディカプリオさん、ミャンマーのアウン・サン・スー・チー外相らも選ばれている。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中