箱根ロープウェイ「姥子-大涌谷」の運行再開へ

印刷

   箱根山・大涌谷で火山活動が活発化したため一部区間の運休が続いていた「箱根ロープウェイ」が2016年4月23日から、姥子―大涌谷駅間の運転を再開する。大涌谷までの乗り入れは15年5月以来約1年ぶり。

   ガス濃度が低下し安全性が確認できた。乗客全員にウェットおしぼりを渡したり、ゴンドラ内に救急箱を備えたりするサービスも行う。ただし、ぜんそく患者は大涌谷駅までの乗車は控えてもらうことや、大涌谷駅では駅舎の外に出ることを禁じている。大涌谷―早雲山間は引き続き運休する。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中