三菱自動車、1日あたりの新車受注が半減 相川社長が明かす

印刷

   軽自動車の燃費データを不正に良くみせようと改ざんした問題で、三菱自動車の相川哲郎社長兼最高執行責任者(COO)は2016年4月27日の決算発表会見で、「1日あたりの新車の受注台数が半減している」ことを明らかにした。不正が発覚した20日以降、企業イメージの悪化で深刻な客離れが進んでおり、販売が急速に落ち込んでいる。

   また、三菱自動車は不正行為のあった「eKワゴン」や日産自動車に供給している「デイズ」などの4車種のユーザーや、生産停止で打撃を受ける部品会社や日産自動車への補償などにかかる費用の全容が見通せないことを理由に、2017年3月期の業績予想の公表を見送った。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中