フジテレビが「デマ写真」に釣られる 東武東上線事故に「インドネシアの映像」を使ってしまう

印刷

   ネットユーザーの「デマ画像」に、またマスコミが騙された――。2016年5月18日放送のフジテレビ系情報番組「直撃LIVE グッディ!」で、ツイッターに投稿された「インドネシアの鉄道事故」の画像を、同日発生した東武東上線の脱線事故の現場写真だと誤って紹介する一幕があった。

   ツイッターやネット掲示板には、「直撃取材しろよ」「確認しないまま全国発信しちゃうとか」などと番組への批判が相次いでいる。その一方で、今回フジテレビに「デマ画像」を提供したユーザーの行動に対しても、「タチが悪すぎる」などいった声が出ており、こちらもまた「炎上状態」となっている。

  • フジテレビ系『グッディ』が「デマッター」に騙される(画像は番組公式サイト)
    フジテレビ系『グッディ』が「デマッター」に騙される(画像は番組公式サイト)

「またフジか...」「ちょっとは学習しろ」

   「いまご覧頂いているのは、一般の乗客の方が撮影した脱線箇所の映像です」。問題の「デマ画像」は、18日正午頃に発生した東武東上線の脱線事故を速報した「グッディ!」の生放送中に紹介された。

   「脱線箇所とみられる車輪」というキャプション付きで画面に映し出されたのは、あるユーザーが事故の直後に「東上線ほんとに脱線してるわ...」とのコメント付きでツイッターに投稿した画像だ。

   電車の車輪部分を接写したもので、車体の色や形は全く分からないが、レールから車輪が外れている様子がおさめられている。番組MCの安藤優子キャスターは、画像について「明らかに、車輪が内側に脱線しています」などとコメントしていた。

   だが実際のところ、番組で紹介されたこの画像は、東武東上線の事故とは全く関係がない。これは同日早朝(日本時間)にインドネシアで発生した鉄道事故の様子で、現地ラジオ局「Sindo Trijaya FM」がツイッターに投稿していた写真だ。

   つまり、「グッディ!」の制作スタッフは、ネットユーザーがわざと投稿した「デマ画像」にまんまと騙され、全く関係のない画像を生放送で取り上げたことになる。この「ミス」に気付いたネットユーザーからは、

「すぐ近くなのに取材にも行かず何してんの?」
「公に流すのに、信憑性ないものをしっかり確認もせず取り上げるな」
「自分達で取材する気がないんだろうな」

などと制作サイドへの批判が相次いで上がった。

   また、フジテレビは16年4月14日に放送した熊本地震の特別番組の中でも、ツイッターで流れた「イオンモール熊本で火災が発生した」とのデマ情報を取り上げ、番組中で訂正したことがあった。そのため、ネット上では「またフジか...」「ちょっとは学習しろ」と呆れるような声も出ていた。

フジテレビに「同情論」が出た理由とは?

   「デマ画像」を投稿するユーザーに対しては、「タチが悪すぎる」などと反感を抱く人も多く、

「ニュースに流れること知りつつ確信的に偽画像を渡した投稿者の行為に問題はないのか?」
「騙す方も騙す方でなんかイラつくわ こういうの見てほくそ笑んでるんだろ?」

といった声も出ていた。さらに、投稿者のアカウントに対しても批判的なリプライ(返答)が殺到しており、いわゆる「炎上状態」となっている。

   また、鉄道に詳しい複数のネットユーザーの指摘によれば、インドネシアの事故車両は、以前日本で走っていた「東急車両」を輸出したもの。そのため、「車輪だけで嘘と見抜くのは難しい」「これ見分けるのは厳しいかも」などと、騙された側のフジテレビに同情するような声も見られた。

   5月18、19、20日の「グッディ!」の放送では、誤った画像を掲載したことに関する訂正や謝罪はなかった。

   フジテレビ広報部は5月20日のJ-CASTニュースの取材に対し、「現時点でお答えすることはございません」とファクスで回答した。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中