松山市で立てこもり17時間 男を逮捕、人質女性は無事

印刷

   松山市内のマンションで2016年5月24日20時45分ごろ、40代の男が包丁を持って20代の女性を人質に取って立てこもる事件が発生した。女性は24日午後に親族から行方不明届けが出されており、愛媛県警の捜査員がマンションを訪ねると、男が包丁を手に「入るな」などと言って立てこもった。

   捜査員は男の説得を続け、事件発生から17時間以上経った25日13時30分頃、男の身柄を確保。人質強要処罰法違反の容疑で逮捕した。女性にけがはなく無事だった。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中