ロシア陸連、リオ五輪への出場不可に 条件を満たした個人は可能性あり

印刷

   2016年6月17日、国際陸上競技連盟はウィーンで臨時理事会を開き、組織的なドーピングにより資格停止中のロシア陸上連盟に対する処分を継続することを決めた。これにより、ロシアの陸上選手はリオオリンピックを含む国際競技会への出場は原則としてできなくなった。

ロシア国外に拠点の選手は個人として参加も

   国際陸連によると、様々な改善は見られたものの、ロシアのドーピング文化は根強く、それを改善する組織も不十分なままであり、資格回復の条件を満たしていないとして、全会一致で処分解除を見送った。

   しかし、ロシア国外に拠点を置き、厳格な検査の下でドーピングに関与していないと証明されたロシア人選手に関しては、ロシア代表としてではなく、中立的な個人として大会に参加を受け入れる方針だ。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中