「生きたファッション文化史」 米写真家のビル・カニンガム氏が死去

印刷

   米写真家のビル・カニンガム氏が2016年6月25日(米国時間)、入院中のニューヨークの病院で死去した。ニューヨーク・タイムズなど米メディアが報じた。87歳だった。最近は脳卒中を患い、入院生活を送っていた。

   マサチューセッツ州ボストン出身で、1929年3月13日生まれ。ハーバード大学中退後、帽子職人をしながら雑誌や新聞にファッション関連のコラムを寄稿していた。60年代からニューヨークの街頭で始めた路上でのファッション撮影で世間に名を知られるようになり、自分が気に入った服装をしている市民の写真を自転車で移動しながら撮り続け、やがてニューヨーク・タイムズで写真付きのコラムを担当するようになった。08年にはフランスの最高勲章、レジオンドヌール勲章を受章し、10年にはドキュメンタリー映画「ビル・カニンガム&ニューヨーク」が公開された(日本公開は13年)。一連の作品は「生きたファッション文化史」などとも称された。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中