目指すなら「社長より中間管理職」 現実的な若者が増える?

印刷

   今(2016)年の新入社員が目指すポストで「社長」と答えたのが10.8%で過去最低を記録した。一方で働き方については「人並みに働けば十分」が58.3%と過去最高を更新した。日本生産性本部などが今年の新入社員を対象に実施した「働くことの意識」調査で分かったもの。夢がないと嘆くべきか、堅実だと評価すべきか。

   調査は1969年から毎年行われており、今年は3~4月に同本部などが開いた研修に参加した新入社員1286人から回答を得た。

  • 日本生産性本部の調査レポートより
    日本生産性本部の調査レポートより

「社長を目指す人」の割合は最下位

   「どのポストまで昇進したいか」という問いに、「社長」と答えたのは、10年前の17.8%から7ポイント減って10.8%だった。これに対し、目指すポストのトップは「役職に就きたくない・どうでもよい」(10年前から2ポイント増の20.0%)で、「課長・係長・主任班長」(同7.4ポイント増の18.6%)、「専門職(スペシャリスト)」(同8.6ポイント減の17.8%)、「部長」(同5.9ポイント増の17.4%)と続いた。最下位が「社長」だった。

   社長を敬遠するようになり、部長や課長など中間管理職を目指す若者が増えていることについて、同本部などは「重い責任を負いたくないという意識が強くなっている」と分析している。

   別の角度から見ると、働き方についての質問では、「人並みに働けば十分」が前年から4.8ポイント増えて58.3%と過去最高を記録した。「人並み以上に働きたい」は4.6ポイント減って34.2%。両者の間には24.1ポイント差がつき、これも調査を始めて以来最大となった。

   働く目的でも傾向は同じ。「楽しい生活をしたい」が41.7%で、こちらも過去最高だったのに対し、かつては何度もトップになったことのある「自分の能力をためす」は12.4%と過去最低に落ち込んだ。

私生活と仕事のバランス

   これらの調査結果から「バリバリと仕事をこなして出世したいという野心を持った新入社員が減少している」(関係者)ことがうかがえる一方、「私生活と仕事をバランスさせようとする若者が増えている」ということでもある。

   社長を目指す新入社員が過去最低だったことを受けて、ネット上では「上昇志向はなくなってきているんだろうな」「社長になりたいなら起業するだろ」「正社員になるのが難しい時代なのに社長なんて」「平社員から社長を目指せる大企業なんてあるの」「よく言えば、世の中を知る若者が増えたということだな」などとさまざまなコメントが並んでいる。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中