モンスト新CMに勘違い続出 「え、オレンジレンジじゃないの...?」

印刷

   人気スマホゲーム「モンスターストライク」(モンスト)の新CMをめぐり、「勘違い」する人が続出している。

   「♪水から上がってシャワーを浴びたら見つめる男の視線に気づいて...」――。CMでは軽快なリズムに乗ってこんな詞が歌われる。テレビで耳にした人々は、すぐさまロックバンド「ORANGE RANGE(オレンジレンジ)」を想像したようなのだが、実際は全く別人の歌う曲だった。

  • 夏らしいCMソングを歌っていたのは…(モンスターストライクTVCM「MONSTER SUMMER!! 絶対反射主義」篇より)
    夏らしいCMソングを歌っていたのは…(モンスターストライクTVCM「MONSTER SUMMER!! 絶対反射主義」篇より)

「懐かしい」「曲調も似てる」

   新CMの舞台は、夏らしいリゾート地のプール。3人の水着美女がプールから勢いよく上がり、大きな胸を揺らしながらシャワーを浴びる。近くにいた青年の視線を釘付けにしたところで「私たち、絶対反射主義」という合言葉とともにポーズをとる。

   ...と、ここまでは日焼け止めのCMのように作られているのだが、ここで青年が「僕もです!」とスマホを取り出すことで一変。実はモンストのCMだったことが分かるという、視聴者の意表をつくストーリー展開だ。

   3人の美女のインパクトと意外性のある内容は注目を集め、2016年7月4日の放送開始以降、ネット上でも話題になっていた。

   そうした中、CMソングをめぐっては「勘違い」も起きている。ノリのいいメロディーに乗って「♪水から上がってシャワーを浴びたら見つめる男の視線に気づいて...」という夏らしい詞が男性数人の声で歌われているのだが、ツイッターや公式YouTube動画にはこんな声がいくつも投稿されている。

「まった!!新しいモンストのCMソングORANGE RANGEやない!!??」
「ORANGE RANGEにしか聞こえんのだが...」
「オレンジレンジかな?懐かしい」
「曲調も似てるし、それに(ボーカル)3人の声聴こえるよ?????」

実際に歌っていたのは...

   オレンジレンジといえば、2000年代前半に大ブレークした5人組ロックバンド(デビュー当時は6人)。現在も活動中だ。

   今回のCM中の声がボーカル3人の歌声に似ていることや、初期のヒット曲である「上海ハニー」(03年)や「ロコローション」(04年)のような夏らしいアゲアゲな曲調から、同バンドが担当していると思い込んだ人が多かったようだ。

   しかし、実際に歌っているのはオレンジレンジとは全く関係のない人物だった。

   担当したのは、2010年にメジャーデビューした4人組バンド「universe(ユニバース)」のボーカル、haruさん。CM内でこそ特に紹介はされていないものの、本人がツイッターでCM開始の4日に「モンスターストライクのCMソングを歌わせて頂きました」と告知している。

   ちなみに複数名によって歌われているように聞こえるのは、haruさん曰く「1人4役してます笑」とのことだった。

   ただ、universeのファンですら、すぐにはharuさんの歌声だと分からなかったようで、告知ツイートには、

「気付かず悔しい」
「昨日見たけどわからなかった!」
「何回か聞いて、なんとなくはるさんの声を感じることができたけど...」

といった声が寄せられている。

   なお、すでに真相を知った人々は「オレンジレンジじゃないんだ、、、」「ぜんっぜん別のアーティストさんだった...」とショックを隠せない様子。中には「ファン失格」と消沈するオレンジレンジファンもいた。

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中