カス丸「初仕事」
ブランドバッグレンタルサービス「ラクサス」イベントブースにお客を呼び込め!(依頼主:エス株式会社)

印刷

   ついに三次元の身体(着ぐるみ)を手に入れた、J-CASTニュースのイメージキャラクター「カス丸」。上司から「制作費に見合った仕事をしてくれ」と言われ、読者増につながる仕事をしなくてはならなくなった。

   そんなカス丸に、最初のオファーがあった。依頼主はブランドバッグが無限に使い放題になるファッションレンタルサービス「ラクサス」を運営している「エス株式会社」(東京都港区)さん。仕事内容は「イベント出店での接客」だというが、一体どんなお仕事なのだろう? そして、どんな「給料」が頂けるのだろうか――。カス丸のデビュー戦をレポートする。

  • チラシ配りをするカス丸
    チラシ配りをするカス丸

慣れない接客に悪戦苦闘

   2016年7月30日。カス丸は東京ビッグサイト(東京都江東区)にいた。ここで行われる「癒しフェア2016 in TOKYO」(30~31日開催)に、エスさんがブースを出すので、そこで接客をしてほしいというのだ。

   このイベントは、名前の通り「癒し」にまつわる展示が集まる。ヨガやオーガニック、スピリチュアルなどのブースが並び、女性や家族連れが多くやってくるという。そこでエスさんは、ブランドバッグの月額制レンタルサービス「ラクサス」をPRする。

「カス丸くんには、ブースへの呼び込みと接客、あとアンケート調査の回答をお願いします」(担当の馬場添さん)

   「わかったきゃすぅ!」と働きだしたカス丸だが、ふだんはパソコンに向かってのデスクワークなので、接客には慣れていない。あたふたしながら、必死にお客さんを呼び込む。その様子は「カス丸班」によって、リアルタイムでツイッター実況されていった。

「ブランドバッグが使い放題」

   「ラクサス」は、ブランドバッグを月額6800円でレンタルできるサービス。ルイ・ヴィトンやプラダ、セリーヌなど約9000種のバッグから好きなものをレンタルすることができ、飽きたら違うバッグに交換できるのが特徴だ。

   スマホアプリでも、ウェブサイトからも利用可能。バッグは鑑定士のお墨付きで、通常使用で付いたキズに対応した「キズ保険」もついているという。

カス丸:「ふだんカス丸が使ってる『黄色いカバン』もいいけど、ブランドバッグが使い放題なのも、魅力的きゃすぅねぇ!」

   手当たり次第に来場する客に猛烈アピールするカス丸。女性客から「カス丸~」と握手を求められたり、子どもたちに抱き付かれたり、一緒にツーショット写真を撮ったりしていた。なんだ、カス丸、モテモテじゃないかうらやましい。

   犬連れのお客さんを呼び込もうとしたら、「ワンちゃん」から吠えられてしまったことも。

カス丸:「急に『ワン!ワン!』って大きな声出すから、びっくりしちゃったじぇい!」

   犬をモチーフにしたキャラクターだから、何か感じるものがあったのかも...。

   3時間ほど働いたカス丸。そろそろ仕事もおしまいだ。エスさん、カス丸の働きぶりはどうでした?

馬場添さん:「大活躍していただいたので、本当に助かりました。アンケートも27枚配れました。カス丸くんが来る前は、1時間に1枚のペースでしたから」

   ありがとうございます。今日の仕事に点数を付けるとしたら、何点くらいですか?

馬場添さん:「120点です」

   喜んでくれて良かったなあ、カス丸。デビュー戦の「お給料」は、なにをくれるんですか?

馬場添さん:「カス丸初仕事を記念し、ラクサスが無料で試せるポイント12,000円分を限定10名様にプレゼントします!ぜひこの機会にブランドバッグを無料でお試しください!」

   今回いただいた「お給料」は、カス丸を応援してくれる読者の中から、カス丸の独断と偏見で、10人にプレゼントされる。エスさんからの「お給料」希望者は、ツイッターでカス丸への叱咤激励と、ハッシュタグ「#カス丸仕事しろ #ラクサス」をツイートするべし。期限は2016年8月22日。当選者にはリプライやDMで通知する。

アプリのダウンロードはこちら!!

ブランドバッグをお得に利用しよう!
        ブランドバッグをお得に!
インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中