福原愛、日本初の卓球個人メダルならず リオ五輪

印刷

   リオデジャネイロ五輪の卓球女子シングルス準決勝が2016年8月10日(日本時間11日)に行われ、福原愛選手が金メダルを逃した。

   準決勝ではロンドン五輪金メダリストの李暁霞選手(中国)と対戦するも、ストレート負け。その後行われた3位決定戦では、石川佳純選手が初戦で敗れた北朝鮮のキム・ソンイ選手と対戦したが1-4で敗れた。勝てば日本卓球界初の個人メダル獲得として注目を集めていたが、持ち越しとなった。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中