高畑裕太逮捕で「24時間テレビ」ポスターが消えた!? ネットに「はがすの目撃」報告

印刷

   俳優の高畑裕太容疑者(22)が強姦致傷容疑で逮捕されたことを受けてか、高畑容疑者が番組パーソナリティーを務める予定だった2016年8月27・28日放送の「24時間テレビ39 『愛は地球を救う』」(日本テレビ系)の街頭ポスターが続々と撤去されている模様だ。

   23日、ツイッターには撤去作業の目撃談が次々あがっているほか、J-CASTニュース記者も同日夕、日本テレビ施設内のポスターがはがされる光景を目撃した。

  • 「#チャリTフォト24」特設サイトのスクリーンショット(ボカシ加工は編集部)
    「#チャリTフォト24」特設サイトのスクリーンショット(ボカシ加工は編集部)

記者の目の前でも

   街頭ポスターは、高畑容疑者をはじめ、番組出演者12人があしらわれたもの。ツイッターには逮捕報道直後から、東京・渋谷駅などに掲示されているポスターがはがされたとの報告が出ている。

「高畑裕太 逮捕された途端に24時間テレビのポスター撤去始まってて草」
「凄い音してるから何かと思ったら凄い勢いで24時間テレビのポスター剥がしてた...」
「渋谷駅の24時間テレビのポスターを駅員さんが剥がしてたからなんで?と思ってたらそういうことか...」

   J-CASTニュース記者も23日16時30分ごろ、日本テレビ系列のアナウンススクール「日テレ学院」(東京都千代田区)の前を通り過ぎた際、ガラス窓に内側から張られた番組ポスターを、男性1人がはがしている様子を目撃した。

   24時間テレビは、番組と連動した視聴者参加企画「#チャリTフォト24」を実施している。その特設サイトには、ポスターと同じ写真が掲載されているが、23日17時現在、まだ高畑容疑者のものが確認できた。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中